居眠り運転を防止するためには、普段から体調管理をしっかりとすることが大切です。自動車の運転というのは、意外にも体力が必要な操作です。そのため体力が無い場合には、すぐに体力が尽きてしまい、眠気が襲ってしまうのです。この状態を防ぐためには、日常生活において体力向上の習慣を身につけることが大切です。
長時間の運転を行うためには、全身持久力を高めることが大切です。短時間で大きな力を発揮するのではなく、緩やかな運動を長時間行うことが出来る能力を高めることが重要なのです。この全身持久力を高めるためには、ジョギングやランニングなどの有酸素運動を行うことで高めることが出来ます。
全身持久力では、重い物を持ち上げたりする筋力を鍛えるのではなく、肺や心臓などの内臓や、体を支えるインナーマッスルを鍛えることが大切です。内臓とインナーマッスルを鍛え上げることで、長時間の運動を行うことが出来るようになるのです。これが居眠り防止につながるのです。
居眠りを起こしてしまう原因は、内臓の機能の低下や、体を支えるインナーマッスルの筋力の低下による姿勢の悪さです。そのため有酸素運動で内臓やインナーマッスルを鍛えることで、少しの疲労だけでは眠くなることの無い強い体を作ることが出来るのです。