効果的な居眠り対処法

| 未分類 |

効果的な居眠り運転の対処法は、体を出来るだけ動かすことです。長時間の運転により、体が疲れている場合には、一度車から降り、体を軽く動かすようにします。人間の体は長時間同じ体勢でいると、血液の流れが悪くなり、そして乳酸が発生します。乳酸は疲れの原因となる物質で、これが体内に溜まってしまうと、眠気が出てきてしまうのです。
乳酸を処理するためには、睡眠を取るか血液の流れを良くするしか方法がありません。人間の体は乳酸が溜まると眠って疲労を回復させようとします。これが長時間の運転により眠気が襲ってしまう原因です。そのためこまめにストレッチを行い、血流を改善して乳酸を処理する必要があるのです。
また居眠りをしてしまう原因は、日光の不足にあります。日中太陽が昇っている場合に眠くなることはあまりありません。眠気を感じてしまうのは、日の落ちかけた夕方から夜にかけてです。太陽の光が無くなってしまうと、メラトニンが分泌されやすくなります。メラトニンは眠気を催すホルモンです。メラトニンが多くなってしまうと眠くなってしまうのです。
メラトニンは光を感じ取ると分泌が阻害されてしまいます。日中は太陽があるためにメラトニンは分泌されません。しかし夕方になってしまうと日が落ちてしまうので、メラトニンの分泌量が増えてしまいます。メラトニンによる眠気を覚ます場合には強い光を浴びる必要があります。そのようなときにはコンビニやスーパーなどの強い光がある場所に行くことをおすすめします。