自動車に乗る時に一番恐ろしいのは、事故を起こしてしまうことです。
自動車は好きな時に好きな場所へ、すぐに行くことの出来る大変便利な道具ではありますが、一度事故を起こしてしまうと運転をしていた本人だけではなく周囲の人も巻き込んでしまうこともあるだけに、とても悲惨な状況になってしまいます。

しかし、交通事故はどれほど気をつけていても起こってしまうものですが、注意や予防をすることでなくすことができる物もあります。
それが、居眠り運転による交通事故です。
眠気を感じた状態というのは運転をするのに非常に危険な状態で、居眠りをせずとも判断力がかなり低下している状態だけに危険が伴います。
そのため、眠気を感じた場合は運転をしないことがこのましいため、自動車ののらないことが重要なのですが、実際問題様々な都合により運転をしなければならない状況というのは出てきてしまうものです。
そのような場合には特に強い眠気を感じた時には、すぐに仮眠などをする必要があります。
眠たい時の一番の対策は寝ることですから、短い時間でも自動車を止めて休息することにしましょう。
交通事故は本人だけではなく、周囲も巻き込むことを考えるのであればどれだけ都合があったとしても、休息を取るのは重要なのです。