車での旅行や、帰省の際の長時間によるドライブで、眠気に襲われ辛い思いを経験された方は少なくないのではないでしょうか。
特に長距離を走ったり、或は長時間による高速道路の運転は、眺める景色も変化がなく、体も固まりがちな姿勢を要求されるため、誰しもが睡魔に襲われると言っても過言ではありません。
一般的に長時間における車の運転は、二時間ごとの休憩が必要と言われています。
それは眠気を防止する役割もありますし、長時間同じ姿勢を要求される車の運転による体のコリをほぐし、疲労を蓄積させない働きもあるからなのです。
往々にして高速道路で起こる事故は、居眠り運転が原因の場合が多く、それは重大な事故につながります。
最も気を付けたい事は、眠いと感じる前に休憩をとるという事が、最も効果的な防止策であり、他にありません。
人は、知らず知らずのうちに、瞼を閉じてしまいますので、そこに意識がないという事が恐い事なのです。
従って、長時間のドライブをするときや、高速道路などを利用し長距離を運転する際などは、あらかじめサービスエリアや、休息できる場所を設定しておくドライブプランを立てることが肝要と言えます。
その際にも、ストレッチなどの軽い運動などもすれば、身も心もリフレッシュでき、快適なドライブができることでしょう。