居眠り運転を防止するためには、疲労している状態で運転をしないということが大切です。疲労している状態であると、ふとしたことがきっかけになり、眠りに落ちてしまうことがあるからです。そのためドライブ前には疲労が溜まっているかどうかを確認しましょう。そして疲労が溜まっているようであるならば、運転は出来る限り控えるようにしましょう。
しかし現実では疲労が溜まっている状態でも運転を行わなければならない状況があります。そのようなときには、少しでも疲労を和らげる必要が出てきます。運転を行う前に疲労を回復させる習慣を身につけるようにしましょう。
疲労を回復させるためには、運転前にストレッチを行うことです。運転中は体に疲労が溜まりやすく、特に肩や腰が疲れてきます。そのため肩や腰の柔軟体操を念入りに行うことで、疲労を和らげることが出来るのです。ストレッチや柔軟体操を運転前に行うことは、手軽で日常的に行えることが出来るので、デメリットがありません。
カフェインを摂取することも有効です。運転前にコーヒーなどを飲用し、カフェインで眠気を覚ますことで居眠りを防ぐことが出来ます。しかしカフェインは耐性がつきやすいために、常用してしまうと効果が薄れていってしまいます。そのためいざという時以外にはなるべく使わないようにしましょう。