自動車を運転する時には常に緊張感を持って、周囲の状況を把握しながら運転をする必要があります。
自動車はとても便利な乗り物ではありますが、一度事故を起こしてしまえば便利な道具から人を傷つける凶器に早変わりしてしまうからです。
しかし、現代人は何かと忙しいため体調が万全でない時にも、運転しなければならないということが多々あります。
特に運転を仕事としているドライバーはどのような状況であっても、運転しなければ生活をしてくことができないため、コンディションが悪くても運転をしなければなりません。

そして、多くのドライバーに陥りがちな危険な状態での、運転に強い眠気のある時の運転があります。
強い眠気があるとそれだけで判断力が鈍ってしまい、更にそれが行き過ぎてしまうと居眠り運転状態になってしまいます。
この状況というのは特に危険な状態で、居眠りを防ぐためには休息を取ることが大事ですがそれができない場合は他の予防策を取る必要があります。
それはコーヒーやお茶などのカフェインが含まれる飲み物を摂取することで、眠気を抑える方法です。
この方法を試すときには運転してからではなく、運転を始める前に摂取しておくとより効果的です。