自動車は大変便利な乗り物ですが、一度使い道を誤ってしまえば途端に凶器にもなってしまうものです。
そのため、常に安全運転につとめる必要がありますが、いくら気をつけていても人間は集中力が切れてきてしまう時というのはあるものです。
特に人間は眠気を感じた時というのが、一番危険で居眠り運転だけは絶対に避けなければなりません。
そのような時に一番いいのは仮眠などの休憩を取ることですが、予定が押していたり職業ドライバーなどは眠気を感じたからといって、運転をやめる訳にはいかないことがあります。

また、その時走行をしている場所によっては休憩を取れないということもあります。
そこで、そのような時に眠気防止に役立つグッズを用意しておくと、急な眠気に襲われた時にもなんとかその場を乗り切ることができます。
まず便利なアイテムが水枕で、眠気を感じた時には頭を冷やすことで眠気が覚めるので水枕は眠気を覚ますのには非常に効果のあるものなのです。
次に便利なのが空気清浄機で、淀んだ空気というのは眠気を増長させてしまうものなので、そのような時には空気清浄機を利用して空気を綺麗にすることで頭をリフレッシュすることができ、眠気が吹き飛ぶのです。